is107112402_tp_vふるさと納税が最近話題を集めています。

はたしてふるさと納税は、どのような制度で、

本当にお得なのでしょうか?

当サイトでは、

ふるさと納税を徹底解剖していきます。

 

税金控除の恩恵を受け、

特産品をゲットして

自治体に寄付もできて経済も回る、

そんなふるさと納税を賢く活用して行きたいですね。

 

ふるさと納税はどのような制度?

ふるさと納税は、自分の出身地である自治体のみでなく、

全国どこでも自分で選んだ自治体に対して納税(寄付)出来る制度です。

寄付を通じてその自治体を応援する、

その寄付を有効に活用してもらうことで

地域作りに貢献しようという趣旨で設けられた制度で、

その寄付については一定の限度があるとはいいながら、

所得税と住民税から減額されるので、経済的にメリットがあります。

pak86_konnyanonomikai20131223_tp_v

地域にとっては寄付への返礼として特産品を活用するので、

地域のPRの役目を果たし、生産者の利益にもなる制度なのです。

 

ふるさと納税は、自分が選んだ都道府県や市町村に対して寄付をした場合に、

寄付額から2.000円を超える金額について、

一定の上限まで、所得税及び住民税から全額が控除されます。

 

→ ふるさと納税の制度詳細はこちら

 

ふるさと納税お助けサイトを活用して、簡単申し込み

ふるさと納税の仕組とメリットはわかったけど、

どのように申し込んだらいいか、手順がわからない!

という方も多いと思います。

そんな時は、下記に紹介する、

ふるさと納税総合サイトを活用するのが簡単でお勧めです。

サイトに会員登録し、申し込むだけで特産品が届きます。

代表的なふるさと納税総合サイトを紹介していきます。

さとふる

さとふるとはふるさと納税を推進し、地域活性化を促進するための総合サイトで、

応援したい自治体や特産品情報をすぐに探せるので非常に便利です。

ふるさと納税をしたいけどどのように行ったらいいかわからない!

という方には、

ふるさと納税の申込みを簡単な手続きで行えるさとふるを使うと便利です。

 

ふるさと納税初心者の方も安心して納税できるのがさとふる。

ワンストップ特例制度の電子申請にも対応しています。

 

さとふるでのふるさと納税申し込み手順

手順1 お礼品を選ぶ
手順2 寄付を申込む
手順3 お礼品を受け取る
手順4 確定申告をする

以上4ステップで「ふるさと納税」が完了です。

 

さとふるが便利な5つの理由

・特産品を簡単に選べる!

応援したい自治体別、お礼品別に目的別で簡単に探せる。

・簡単お申込み!

申し込みから決済まで「ふるさと納税」がワンストップで完了。

・スピード配送!

ふるさと納税申し込みから最短1週間程度でお礼品が届く。

・安心の電話サポート!

お問い合わせはメールの他に専用の「さとふるコールセンター」を利用できます。

・あなたの寄付をさとふる上で管理!

これまでの寄付履歴やお礼品の配送状況など随時確認できます。

 

↓ ふるさと納税総合サイト さとふる

 

ふるさと納税の仕組について

ふるさと納税は自治体間の格差を解消するために2008年に出来ました。

自治体に2000円を超える寄付を行った際に住民税が

約2割ほど控除・還付されるものになります。

 

→ ふるさと納税仕組の詳細

 

green_ya20140125_tp_v

 

ふるさと納税人気ランキング

ふるさと納税の納税先で、人気の自治体があります。

その地域の「特産品」が大変豪華で人気が高い自治体が、ランキング上位です。

 

ブランド牛が返礼品としてもらえる自治体は人気が高い傾向にあります。

ブランド牛以外にも様々な品があるのでチェックしてみてください。

返礼品として出している人気自治体にいえる傾向として、

「量が多く、質もいい」

ものが毎年ランキング上位にきます。

 

→ ふるさと納税人気ランキング

 

is107112702_tp_v

 

ふるさと納税の控除限度額について

ふるさと納税の控除額は「寄付金控除」となります。

ふるさと納税以外にも、

その年に行った寄付金全ての合計金額で計算を行うことになります。

ちなみに、控除の対象となるのは

「所得税」と「住民税」

です。

所得税は所得控除、

住民税は基本文の税額控除と特例分の税額控除に分けられます。

 

肝心の税金控除の限度額は

「年間の特定寄附金の合計額から2千円を引いた額」

 

同年の総所得の40%に当たる金額より低い場合は

その40%の金額で計算することになります。

 

→ ふるさと納税税金控除についての詳細はこちら

 

green11_kessai20141123152655_tp_v

ふるさと納税のデメリットってある?本当にお得?

ふるさと納税は、本当にオイシイものなのでしょうか、

何かデメリットはないのか気にはなるかとおもいます。

率直に言ってふるさと納税の制度は

メリットのほうがデメリットよりも大きいのは事実です。

確かにデメリットが皆無ではありませんので、公平を期す意味でも紹介します。

最大のデメリットは、メリットを受けるためには確定申告の必要があるということです。

 

→ ふるさと納税のメリット、デメリットの詳細

 

miyako85_cafebnomado20140725_tp_v

ふるさと納税と住宅ローン控除(減税)は両方使える?

ふるさと納税と住宅ローン控除(減税)を両方利用することを制限する規定はありません。

ふるさと納税と、住宅ローンの両方とも利用することは制度上可能です。

 

どちらの場合も税額控除であることから、

控除(減税)前の所得税や住民税の金額によっては

利用するメリットがあるとばかりは言い切れないので、

実際には自分の収入等から税額を計算して利用の判断をするのが賢明です。

 

→ ふるさと納税と住宅ローン減税の詳細

 

ellsyuumeigiku150928457696_tp_v

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは何かと言うと

2015年1月から導入された制度のひとつで、

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」

と呼ばれる用紙を寄付する際に

その自治体に郵送するなどして提出すると

住民税を控除してもらうことができるという制度で税金上優遇されるものです。

現在納めている県民税や市民税の一部を

寄付したいと思っている任意の自治体に実質移転すると言うかたちで

利用することが出来る制度です。

ワンストップ特例制度によって確定申告をしなくてもよくなる

という恩恵を受けることができるわけです。

 

→ ふるさと納税 ワンストップ特例制度 詳細

 

150912025921_tp_v

 

楽天市場のふるさと納税で特産品とポイントもらえるの?

楽天市場のふるさと納税は、会員情報を利用して行えるため、

寄附のための手続きが簡単です。

また、楽天市場で買い物をする時と同じように、

ふるさと納税の寄附をクレジットカードで行うことが出来ます。

また、ポイント付与の対象にもなります。

寄付金の支払いに、楽天のポイントを使用することも出来ます。

ポイントは、100円につき、1ポイント付与されます。

したがって、楽天市場のふるさと納税は、

楽天ポイントもつくため、かなり魅力的といえます。

 

→ ふるさと納税楽天市場 詳細

 

akane20160312422213_tp_v

 

自分の出身地以外にもふるさと納税できますか?

ふるさと納税を行える対象は、国内全ての自治体です。

自分の出身地だけではなく、一時期住んでいた場所や、

お世話になった親戚のいる町、学び舎がある懐かしい土地にも、行うことができるのです。

そして、縁の深い自治体ばかりではなく、

個人的に応援したい地方自治体へも、ふるさと納税を行うことができます。

これは、各自治体が寄付者へのお礼として、

様々な品物を送るようなったことから、利用する人が増えていきました。

また、自然災害に見舞われた被災地を応援するために、

このふるさと納税制度を活用している人も大勢います。

 

→ ふるさと納税 寄付先に関する詳細

 

img_7895isumi_tp_v

 

複数の都道府県・市区町村にふるさと納税できますか?

ふるさと納税は複数の都道府県・市区町村に寄付することができます。

どこか一つの地域だけでなく、いくつも選ぶことができるのです。

そして、たとえ複数の地域に寄付しても

自己負担は少ない人では、2000円ですし、

地域への寄付額はほぼ全額、住民税と所得税から控除されます。

 

→ ふるさと納税 複数の寄付先に関する詳細

 

yuki86_okanekodomo15144308_tp_v

 

同じ自治体に何度も寄附をしてもよいのでしょうか?

同じ人からの複数回の寄附OKで

お礼の品もそれぞれの寄附金額に応じて送りますと

ホームページ等に明示している自治体もあります。

また、寄附金額に応じてポイントが付き、

そのポイントとお礼の品とを引き換える形式になっている自治体の場合は、

そのシステム上から複数回の寄附を認めている自治体がほとんどです。

 

→ ふるさと納税 同じ自治体に寄付

 

0i9a4710isumi_tp_v

 

ふるさと納税をした場合の確定申告の書き方と注意点

ふるさと納税(寄付)をしたときは確定申告をすることによって、

所得税の還付や住民税の減額が受けられます。

確定申告書は、その年の1月から12月までの収入や

各種控除などについて翌年3月15日までに提出します。

 

確定申告書を提出する人は、

収入が給与1カ所のみで給与は年末調整済みであり、

寄付金控除等を申告する給与所得者や

年収2,000万円以上等で確定申告の義務がある人です。

 

→ ふるさと納税 確定申告書き方

 

pak85_pennigiru20140312233042_tp_v