ふるさと納税ポータルサイトおすすめ

・クレジット決済可能なので、手続きが楽、すぐに入金可能で、クレカのポイントがたまる!
・ふるさと納税特産品ランキングが一目でわかる
・マイページで寄付金が管理できるのでわかりやすい


ふるなび

ふるなびは株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、商品が多数。
人気の自治体も一目でわかるので、ふるさと納税初心者におすすめです


さとふる 特例制度に対応!ふるさと納税

株式会社さとふるが運営している郷古。実店舗やコールセンターでのサポートが魅力。
マイページ管理、クレジット決済完備で使いやすく、広く知られているサービス
ふるさと納税 さとふる

ふるなびグルメポイント

ふるなび同様、株式会社アイモバイルが運営。
ポイント即日発行で、有効期限なし。 対象自治体は、三重県明和町のみです。

ふるさと納税は複数の都道府県・市区町村に寄付することができます。

 

どこか一つの地域だけでなく、いくつも選ぶことができるのです。

 

そして、たとえ複数の地域に寄付しても自己負担は少ない人では、2000円ですし、

 

地域への寄付額はほぼ全額、住民税と所得税から控除されます。

 

この納税方法の特性上、自己負担金額は年収や家族構成によって異なりますが、

 

寄付可能額は各自の住民税のほぼ1割までです。

 

ですので、ご自身の出身地だけでなく、ほかの都道府県や市区町村のふるさと納税ものぞいてみると、

 

大変興味深く楽しむことができます。

 

納税先は、「地域」で選ぶ、「特産品」で選ぶ、「使い道」で選ぶ、「返礼品」で選ぶなど、

 

いろいろな切り口で選べますので、

 

さまざまな情報がひとまとめになったポータルサイトなどで見比べてみるとわかりやすいです。

 

この複数の自治体に行うことができる点を利用すると、

 

自治体は寄付金1万円から特産品を贈る自治体が多いですので、

 

例えば1万円ずつ4か所の自治体にふるさと納税を行ったとします。

 

この場合、合計4万円から自己負担額の2000円を引いた38000円が返ってくることとなります。

yagi21511155615111556_tp_v

ここが少しポイントなのですが、

 

それぞれの寄付金1万円から2000円ずつ引いた8000円×4か所=3200円ではなく、

 

合計の40000万円から2000円引いた額が返ってくるので、お得感があります。

 

この控除の範囲であればいくつの自治体にいくら寄付しても2000円の自己負担で済むという点が、ふるさと納税の最大の魅力です。

 

ふるさと納税が大変話題になり、実施する自治体もどんどん増えています。

 

また、お礼の特産品も競うように充実してきており、

 

本当に複数の自治体に納税するメリットは増すばかりです。

 

控除の範囲内でなるべく多く寄付するのが正解ですが、

 

寄付は一つの自遺体に絞る必要はなく、複数の自治体への寄付金の合算も可能ですので、

 

低めの寄付金から受け付ける自治体を複数組み合わせて、

 

控除の限度額いっぱいを狙う方法も効率的です。

 

気を付けるポイントとしては、この制度を活用するための絶対条件である、

 

確定申告のためには、寄付先の自治体が発行する「寄付金受領証」の添付が必要なので、

 

複数の自治体から送られてくるこの証明書をきちんと保管しておくことくらいでしょうか。

 

税金を減らし、その分、寄付金で自治体にお金を支払う。

 

うまく活用して、応援したい自治体の盛り上げや、

 

日本全国のおいしい特産品を手に入れたりと、楽しく利用してみるのはいかがでしょうか。

ふるさと納税ポータルサイトおすすめ

・クレジット決済可能なので、手続きが楽、すぐに入金可能で、クレカのポイントがたまる!
・ふるさと納税特産品ランキングが一目でわかる
・マイページで寄付金が管理できるのでわかりやすい


ふるなび

ふるなびは株式会社アイモバイルが運営しているポータルサイトで、商品が多数。
人気の自治体も一目でわかるので、ふるさと納税初心者におすすめです


さとふる 特例制度に対応!ふるさと納税

株式会社さとふるが運営している郷古。実店舗やコールセンターでのサポートが魅力。
マイページ管理、クレジット決済完備で使いやすく、広く知られているサービス
ふるさと納税 さとふる

ふるなびグルメポイント

ふるなび同様、株式会社アイモバイルが運営。
ポイント即日発行で、有効期限なし。 対象自治体は、三重県明和町のみです。